今すべき事

活発な地震活動が続いていてまだまだ予断が許されない状況。

いてもたってもいられないけど、正直情報が交錯し過ぎて何をすれば良いのか分からない状況です。

noimage

個人で支援物資を届けに行く気持ちもすごく分かる。

自衛隊や行政の大規模な活動の邪魔になったりする可能性があるから今は行動しないでっていう気持ちもすごく分かる。

どちらも熊本を思っての事。僕は今ここでタイミングを見計らいながら、今すぐ出来る事をしていく。

 

出来る事のひとつとして、ネットで何か役にたつ情報はないかと色々調べていたら、避難生活で役に立ちそうな豆知識を記載してあるサイトがあったのでPDFを添付しておきます。

1.ごみ袋/ラップ/軍手・ゴム手袋/ノート・ボールペン/ウインドブレーカー/タオル/懐中電灯/リュック/ナイフの豆知識

2.裁縫セット/石鹸/マグ/ラジオ/絆創膏/ビニール袋/ペットボトル/シーツ/ポリタンク/ブルーシートの豆知識

3.新聞紙/ガムテープ/鍋/ウェットティッシュ/冷却シート/マスク/使い捨てカイロ/簡易トイレの豆知識

4.空き缶/牛乳パック/手ぬぐい/気泡緩衝剤/針金ハンガー/スポンジ/クーラーBOX/ダンボールの豆知識

全てを完全に検証しきれてはないとの事ですが、あるものを有効に使えるという事で少しでも何かの役に立てれば。

 

また、窃盗や詐欺、暴力事件、悪徳商法の対策として、

  • 外出するときは防犯ブザーを携帯する
  • 日中でもできるだけ複数で行動すること
  • 暗くなったらなおさら、外出を控える
  • トイレは常に一人では行かず、必ず誰かと行く
  • 使用する前に不審なところはないか確認する
  • 避難所で子供のいるところには、大人の見張りをおく
  • 被災した自宅には、女性だけでは絶対行かない。複数の人数集めて、グループで行動する。

腸煮え繰り返る思いですが、こういう人間もいるという事を想定して行動しないといけません。。

 

まずはこの地震が収まってただただ欲しいと願うばかり。

今の現地の事を考えたら、その気持ちを察する事さえも難しい。。

 

ただ、今自分がしなければいけない事は一緒に悲しむ事じゃない。

この現実を受け止めて誰かを元気にしていく事だ。

正直ビーチサッカーや仕事どころではなかったけど、いつものようにどんどん行動、発信していなければいけないと強く思う。

こちらで生活していく中で、今回の事に関心がない人も沢山いると感じているが、そういった人も巻き込んでいけるように、今回の事を知ってもらえるように、そして何よりも誰かの役に立てるように、明るく、元気に、更新していきます。

 

それではまた明日!

 

 

SNSでも繋がりましょう!