備える事

熊本での地震が780回を超え、言葉も出ません。。

母と電話をしている中で、「もう震度3くらいだったら何とも思わん。」と言っていたのを聞いて、少し複雑な心境です。。

そんな中、昨日の夜には四国地方で震度3の地震が発生。

今回の熊本地震も含め、日本最長の活断層群である”中央構造線”の線上で全て起こっているというのを何かで見ました。

今に始まった事ではないし、これがどう言った状況なのかは分かりませんが、地下では常に何かが起こっています。

まだまだ熊本では強い揺れに警戒しないといけない、そしてこれはどこにいても同じ事なのではないかなと思います。

いつどこで地震が起こるかなんて事は分かりません。

日本に住んでいる限り、常に準備しておく事が必要だと改めて思うんです。

https://www.instagram.com/p/BCcuGWEFcWr/

 

これは、1ヶ月くらい前に自身のinstagramに投稿した写真ですが、今となっては恥ずかしい。

こんな備えたふりじゃ全然ダメだ。

日本という地震大国に住んでいるということにおいて、少なくとも2-3日の水、食料の確保。日常生活での必需品の備蓄。大事な人を守る為の約束事(避難先や連絡方法を事前に決めておく等)。寝床の周りには、棚など倒れてきそうな物を置かない(すぐ逃げれる準備)。というのは当たり前にやっておかなければいけないと本当に改めて思う。

備えあれば憂いなしとよく言うけれど、本当にその通りで何も起こらないならそれで良し。起こったら準備していれば少しでも対応出来る。

常に恐怖と戦うのは心と身体が疲れてくるので、自然に、当たり前に準備していくというのが大事だと感じました。

 

とにかく一番大事なのは命。

それより大事なものはありません。

 

それではまた明日。

 

SNSでも繋がりましょう!