応援される側から応援する側へ

どうもマツです!

今日も変わらず極寒の熊本でしたが、

何と今日は嫁さんが地元の仲間達とマラソン大会に出場するので応援しに行ってきました。

写真は見づらいけど、今日に限って朝から吹雪。

お疲れ様でした!

応援される側から応援する側へ。

いつもボクの試合の時は可能な限り見に来れるように調整してくれる嫁さん。

選手生活の短さを知ってるからこそ、1試合でも多くの試合を見たいと常に言ってくれています。

逆に、これまで嫁さんの事を応援する機会(特にスポーツで)はなかったので、

初めて応援する側に立ったけど、

今日で言えば大会が始まるまで待っておく時間からめちゃくちゃ寒いし、大会始まっても寒いし、めちゃくちゃ応援してたけど声は届かないし、沿道まで出てめっちゃ近くで手を振ったのに気付かないし、とにかくめちゃくちゃ大変。

午前中で終わりだし、応援して帰ってくるだけだから余裕でしょ。と思っていたらマジで疲れた。

応援する側の苦労というか、辛さを初めて感じました。

今年の目標のひとつに、

「相手の気持ちになって考える」

というのを入れてるんですが、マジで応援する側の気持ちを考えられる1日になりました。

自分ががいて、相手がいて、ジャッジしてくれる人がいて、応援してくれる人がいてこそ成り立つのがスポーツ。

応援する側の苦労が分かったからこそ、

応援してもらえるような選手にもっとなっていかなきゃいけない。

 

それではまた明日!

 

 

SNSでも繋がりましょう!