“見にき続けてくれる”事こそが一番重要

どうもマツです!

我が家に帰って来てから一番楽しみにしていたのが、MATSU COFFEE を飲むことでした。

やっぱり最高。

って自分が好きな味を追求して作ったブレンドだから、そりゃ美味しいよね。(笑)

味のパターンも少しずつ変えたり、増やしていこうとは思っているのでそちらもお楽しみに!

 

という事で、

昨日はトレーニング後に初めてB.LEAGUEを観戦して来ました。

今回観戦して来たのはアヴェルダージ熊本BSと同じ、熊本に拠点を置く熊本ヴォルターズというB2リーグ(バスケットでいう2部リーグの意)に所属するクラブ。

会場に入った瞬間まじで圧倒されました。

何この雰囲気!!!!!

すげーーーー!めちゃくちゃカッケーーー!!!

日本の、しかも2部リーグの試合でこんな圧倒的な熱気に包まれてるなんて、今日この場所に来るまでちっとも知らなかった自分が恥ずかしい。

(この日の観客動員数は確か4000人くらいでした)

1部リーグの試合がどんだけ盛り上がっててどんくらい人が入ってるのかは知りませんが、少なくともこの雰囲気で試合が出来るのは本当に羨ましくて、

それと同時に、クラブや選手の皆様の普段の努力が半端ない事に気付かされました。。

チームが立ち上がってたった数年。B.LEAGUEが始まって数年。

こんだけの人を集めて、これだけの雰囲気で試合を開催するためにどれだけの努力が必要なんだろう。。

正直ルールもあまり分からないまま試合を観戦したけれど、

実況的な人が今のはこんなプレーでこういうファールがありました!とか、簡単に説明しながら試合を進行されていたので初心者のボクも見やすい環境だったし、

DJの音楽で観客みんなで応援出来るし、そもそも試合の雰囲気がカッコいい!

そして昨日の試合がキッカケで本場NBAの動画も見たけどやっぱりカッコいい!

もう何度読んだか分からないスラムダンクもまた読みたくなりました。(笑)

 

でも、何よりも今日の試合を見て感じた事は羨ましさと自分達の熱量の足りなさ。

ビーチサッカーだって見てもらえればめちゃくちゃ楽しいスポーツだという事は100%で証明する事が出来る自信があるけれど、

まずは見たいと思ってもらえるような導線作りや、実際に見に来てもらった時の環境や雰囲気作りをやって行かないと続かないと改めて。

今日ボクが「また見にきたい!」と思ったように、”見にき続けてくれる”事こそが一番重要な事で、

その為の行動をもっと起こしていかないと行けない。

個人で出来る事、チームで出来る事、限られる範囲でもひとつずつ課題をクリアしていく。

マイナースポーツを行う競技者として、

自分のプレーに集中しながらも平行してやっていかなければいけない、これは使命でもある。

 

まだまだ。

ビーチサッカーはまだまだここからやで!

 

それではまた明日!

 

 

SNSでも繋がりましょう!